So-net無料ブログ作成
検索選択

小林麻央さんの乳癌に衝撃を受けてます。

スポンサーリンク




小林麻央さんがかなり進行した乳癌という報道にかなり衝撃を受けています。

私も麻央さんとほぼ年齢が同じ。しかも、出産経験があり授乳をした人は乳癌リスクが多少低いはず。麻央さんには幼いお子さんが二人いらっしゃり、同じ幼い子供を持つ親として想像するだけで切ないです。治療がうまくいくことを心より祈ります。

北斗晶さんの乳癌にも驚きましたが、年齢や病状の進行なども違うので今回の報道には本当に『怖い』という感情が沸いてきました。

私は現在妊娠しているため、いつもより感情的になっているせいもあるかもしれません。あと、妊娠していると胸が張って、胸に違和感があるので乳癌という言葉に敏感になっているのでしょうか。そして出産後も授乳があり、乳腺が母乳で詰まってしこりになるのですが、なかなか取れないとそのたびに乳癌かも・・・ときっと心配するんだろうな、と思います。(一人目の時そうでした)

でも授乳中でも実際に乳癌になる方もおり、母乳が詰まっていると思っていたが乳癌だったということもあるようです。しかも本当は乳癌なのに母乳が詰まっているだけ、と医者から診断され発見が遅れた方もおられるようです。(ネット情報)

ネットを見ていると、(他の癌は分かりませんが)乳癌は定期健診を受けていても発見が遅れた。ということが目につきます。進行が速いケースもあるとは思うのですが、中には見落とされていたのでは?と思うケースもあります。セカンドオピニオン重要ですね。あと検診の他に、やはりこまめなセルフチェックも大切ですね。市町村の検診に行くと配られる乳癌のセルフチェックのやり方が書いてある紙。いつもちょっと見て捨てていましたがセルフチェックもちゃんとしていきたいと思います。


私は若いときからほぼ毎年子宮頚部のがん検診を受けてきました。毎年異常なしの通知でしたが、離婚して数か月というときに、何と要精密検査の通知が送られてきました。そのときの状況は母子家庭でアパートで娘と二人暮らし。今の夫と付き合ってはいましたが、付き合ってすぐくらいでした。

やっと離婚して落ち着いたと思ったのに・・・入院したり、私にもしものことがあったら娘は・・・

頭真っ白ながら、色々なことを考えました。

離婚するとき、娘は2歳でした。もしも自分に何かあったときは娘は児童養護施設に入れるという覚悟で離婚したのですが、もし本当にそうなったら娘には謝っても謝り切れません。

とりあえず当時彼だった夫に報告し、
『ごめんね。何かあったら娘は施設に入れてね』と言いました。

すると彼は即答で
『俺が育てる。』とだけ真顔で言いました。

相当変わっている夫です。何かあったら本当にそうすると思いました。この人絶対マジだ。ですが私より年下の未来ある若者だったので、やめるよう言いましたが聞いてくれませんでした。

でも泣きそうになるくらいその気持ちがうれしかったです。


結果通知の封筒の中に、もう一通の密封された封筒が入っており『開封せずに医療機関へ提出』と書いてありましたが、少し迷って開けて中を確認してしまいました。後ほど医者で注意を受けましたが・・・

書いてあることをネットで検索すると、そんなに深刻な状態ではないようなかんじだったので、一応冷静になりその日のうちに婦人科を受診しました。

受診すると、おそらく癌ではなく、子宮頚部異形成ということで、ひどくなると癌へ進行する可能性がある。ということでした。異形成のなかでもレベルが分かれており、私は中等度でした。先生は一番軽い軽度だと思ったが、予想より少し範囲が広かったので中等度ですね。と言われました。

それから定期的に検査を受け、何度目かの検査で自然治癒していました。今回の妊娠時の子宮頚部のがん検診でも異常なしだったので心底ほっとしました。

母親からは、前の結婚生活と離婚のストレスで免疫力が下がってたんじゃない?と言われました。
実際、ストレスで離婚の後に心身に異常が出る人が多いそうです。

もちろん、はっきりとした原因は分かりませんが、ストレスが体に良くないのは確かです。
がん検診で引っかかったことで、健康でいられるありがたさ、娘と過ごせることのありがたさ、周りの人たちに支えられているんだと改めて気が付きました。
あと、ストレスを溜めないよう、物事もを前向き気に小さいことはあまり気にせずにしようと考え方も変えなくてはと思いました。

今は異形成も治っていますが、いつまたなるか分かりません。子宮ももちろんですが、他の検診も受けられるものは受けていこうと思います。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。